加藤啓太オフィシャルサイト

BLOG ブログ

  • ブログ

【ブログ】199-32歳の誕生日!〜懐が深いカリスマリーダーへ突き進む1年〜

無事に今日、32歳を迎えられることができ、感謝いっぱいです。
みなさまから多くのお祝いのメッセージをいただきました。
この年齢でフェイスブックなど80名超える人からお祝いのメッセージ
いただけてとても幸せです!感無量です。ありがとうございます。
時間はかかりますが、いただいたメッセージにはお返事いたします。

32歳のテーマは「謙虚」で懐が深いカリスマリーダー。
ひたむきに目の前のことをきちんとやり遂げます。
10年後の理想に近づくためにやるべきことが、た〜くさんあります!
やるべきこと=夢になるでしょう。

そして、”1%の可能性”で世界に勇気を贈り続けます。
講演で全国を本当に駆け巡るプロの”講演家”になります。

全てを完全燃焼します。

 

ご存知の人が多いと思いますが・・・

今から32年前の12月28日、加藤啓太にとって一生忘れられないできごとが起きました。
それは原因不明の「窒息」です。10分も息が止まりました。

そして救命救急搬送後に医師から

「植物人間です。生きられて5年、身体99%、知的100%回復不可能」

と両親に告げられました。

それから私が良くなるなら何でもやるという気持ちで
たくさんの訓練方法を模索したところ世界で最も厳しい「ドーマン法」を選択しました。

両親は「1%」の可能性を信じたのです!可能性に賭けたのです!

自分の両親ですが、改めて思うことは「凄い」というひと言につきります。
今こうやってみなさんとブログを通して思いの共有ができるのは両親の「お陰」なんです。

母は本当に辛かったと思うし父も一生懸命努力した結果、今の私がいます。
本当に感謝しています。

31歳の1年間、本当にたくさんの人に恵まれ、たくさんのご縁をいただきました。

「常に挑戦者であり続けること」ということばがあります。
私は器用な人間ではない、365日365回の失敗をすることを目標に歩む。

失敗の数だけ大きな成功が成し遂げられるからです。

私はたくさん夢があります!

ボッチャをやり続けて今月で19年目に突入します。
周囲から見ると「大ベテラン」と思われることが多々ありますが、
あくまでも「チャレンジャー」です!

今年の日本選手権本大会で加藤啓太「完全復活」というプレーをします。
4年間いっぱい負けて、いっぱい泣いて悔しい思いをしました。どん底を味わいました。
でも「無駄」なことは、ひとつもなかったと思います。

今年の日本選手権本大会は、地元・愛知で初開催。場所は豊田。
地元というホームを自分の活力に、応援していただいている人たちに
結果で「恩返し」をして会場に来た人と勝利の余韻を味わいたいです!

ここからは「人に愛される人柄」になろうと思います。
”加藤啓太と出会って本当に良かった、しあわせだな!”と
心底から感じていただけたら最高です。

本当に”キセキ”の人生です。

ありがとうございます。

感謝の気持ちを忘れずに

「1%の可能性があるのなら、あきらめない!全力を尽くせ!」
をモットーに謙虚な心を持って生きていきます!

これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。